FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad E585の分解とSSD&メモリ増設とOSクリーンインストール

未分類
10 /05 2018
ThinkPad E585の価格.com限定パッケ届いたいので簡単にレビューします。
特に新しいPCは必要無かったんですけど、、、

AMD RYZEN 5 2500U
RAM 8GB×1
15.6インチ フルHD IPS
HDD 500GB

これで49,640円でしたからね...とりあえず買ってしまいました。

外箱
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d8b (1)

内容物
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_da1.jpg

天板はアルミ製のようです
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d98.jpg

エントリー機種らしからぬ品質のキーボードとタッチパッドです。キータッチは硬め。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d8f.jpg

左からUSB-C、インジケータLED、HDMI、USB3.0、USB 3.0、イヤホンジャック
uvcRS0NLS5SyVX5FFoqGfg_thumb_d87.jpg

右からセキュリティホール、ギガビットイーサ、USB2.0、microSDスロット
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d9a.jpg

全面は特に何もなし
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d7e.jpg

一通りセットアップして初期不良が無いのを確認したので、SSDとRAMを増設していきます。
が、その前にWindowsのクリーンインストールに必要なUSBドライブを作成します。
作成ツールはMSからダウンロードできます。
スクリーンショット (10)

ツールをダウンロードしたら8GB以上のUSBメモリ差し込んで、ウィザードに沿って作成します。
スクリーンショット (8)
スクリーンショット (9)
スクリーンショット (11)

無事に作成できたら、いよいよSSDとRAMを増設です。
僕が今回用意したSSDはintel SSD 760p SSDPEKKW256G8XTです。E585のM.2スロットに装着できるSSDはNVMe規格だけらしいので注意です。コストを優先する場合は2.5インチSSDへ換装or増設するといいと思います
RAMはTranscend JM2400HSB-8Gを用意しました。E585はDDR4 2400 SO-DIMM最大16GB×2までの対応です。たぶんDDR4 2666でもいけます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d89.jpg

分解です。底面のネジを全て緩めます。ネジ紛失防止のため完全に抜けないようになってます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d9e.jpg

次に不要なクレジットカードなどのプラスチックカードを角の隙間に差し込みます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_da4.jpg

そのままヨコへスライドさせます。パチパチと爪が外れていくはずです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d8d.jpg

他の辺も同じように外していきます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_da5.jpg

内部です。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d84.jpg

念のためバッテリーのコネクタを外しました。黒いベロを水平に引っぱると外れます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d81.jpg

メモリ装着。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d8a.jpg

SSDを取り付けるM.2スロット。
HDD構成で注文しましたが、ちゃんと固定用のネジが付いてましたので、それを一旦外して装着します。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d9f.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d83.jpg

標準装着のHDDですが、7200rpmのため結構うるさく発熱もあるので撤去しました。フラットケーブルを外して持ち上げるだけで外せます。データ保管庫としてHDDをそのまま利用する場合もOSクリーンインストールの際はケーブルを外しておく方がミスがなく無難です。
IMG_171911.jpg

次にOSのクリーンインストールです。
先ほど作成したUSBドライブを差し込みます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d86.jpg

電源ボタンを押したらすぐにF12を連打します。
すると下の画面が出るのでカーソルキーでUSB HDD: Generic Flash Diskを選択してエンターキーを押します。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_db0.jpg

後はウィザードに従って進めればインストールできます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_da9.jpg

カスタムを選びます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_daf.jpg

新規クリックして適用
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_dac.jpg

OK
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_daa.jpg

パーティション4を選んで次へ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_dab.jpg

あとは待つ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_dad.jpg

クリーンインストール後、デバイスマネージャーを確認したところすべてのドライバーがあたってたので特に問題なく動作しますが、Microsoft StoreからLenovo Vantegeをインストールして最新のドライバを適用してもいいと思います。

メモリの増設により8GB×1のシングルチャンネルから8GB×2のデュアルチャンネルになったので、増設前と増設後で簡単にベンチの比較してみました。

増設前(8GB×1)
スクリーンショット (3)
スクリーンショット (6)

増設後(8GB×2)
スクリーンショット (5)
スクリーンショット (14)

なかなか無視できない差があります...
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

みぃ太郎

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。